色紙 [十勝岳連峰]
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

色紙 [十勝岳連峰]

¥1,650 税込

送料についてはこちら

作品名:十勝岳連峰 サイズ:たて19.0cm×よこ35.0cm 掛け額:タイプA 十勝岳連峰 2002年(平成14年)後藤純男72歳 1990年に北海道内各地で開催された私の個展がきっかけで、翌年上富良野町にアトリエを建てました。その後、数年毎に建物を増築して、10年かけて現在の「後藤純男美術館」となりました。2002年に美術館が新たなる門出を迎えるにあたり、私なりの祝意として、この「十勝岳連峰」を制作しました。ここにアトリエを建てる決めてとなったのは、十勝岳連峰の眺めです。 一年中山の様子を見ていると、雪解けが進み山の稜線が際立つ春先、山が自分の魅力を問いかけてくるんです。プロの絵描きとしては、見たままの風景ではなく、山の持つ魅力を最大限に引き出し、最良の答えが出せるよう努力するわけです。思い切り自分の意思を押し上げて、山を見下ろしてみると、隠れていた十勝岳の峰々が姿を見せてくれる。「神々が遊ぶ庭・カムイミンタラ」とアイヌの人々が敬った山の全貌が、原生林に守られ、厳かな姿を現してくるようです。(後藤談) ※商品写真等はいずれも実物を撮影したものです。色調が若干異なる場合がございますが、あらかじめご了承下さい。